プラセンタで

MENU

ヒト由来のプラセンタは医療現場でしか使えない

ヒト由来のプラセンタは、薬事法からも、医療機関でしかその使用は許可されていません
人の胎盤から抽出した有効エキスという事で、感染症などのリスクがまったくないとはいえないからです。

 

その種類には、メルスモンラエンネックがあります。
どちらも信頼高い医療メーカであり、昔から使われています。
原料は同じなのですが、製造方法は異なります。

 

ですから、どちらをつかうかは治療やその目的から選ぶようにしているようです。
メルスモンはホルモンバランスが大きく崩れることで起こる更年期障害などの治療に使われることが多く、ラエンネックは肝機能障害などの治療、そして美容目的で使われることが多いです。

 

医療機関で使うのですから、その使用には健康保険が効くのかと思いきや…実はすべてに適用されるわけではありません。更年期障害や肝機能障害などの治療目的に使われる場合は保険が適用されるのですが、美肌やアンチエイジングといった美容目的での使用では適用外となるのです。つまりは自由診療として、その料金は100%請求されます。

 

もともと、プラセンタは特定の病気治療の為にその使用が始まった有効成分です。プラセンタを治療に摂りいれることで、すっかり改善して生活習慣も安定してくるといったことも期待できますので、あまりにも辛い場合は是非ともとりいれたいもの。

 

美容目的での使用では健康保険は適用されませんので、料金の方はかなり高くなります。が、そのシワやしみ、美肌などのアンチエイジングに高い効果を発揮しますから、美を追求する女性からの人気は高いものとなっています。

 

加齢とともにひどくなる関節痛や腰痛などの症状の改善にもなるというのですから、美容面だけでなく健康面での効果も期待できる一石二鳥…といえますね。