プラセンタで

MENU

一般的なプラセンタ製品のほとんどが動物由来

プラセンタ製品として市販されているものに使われているプラセンタは、ほとんどが動物性プラセンタ。スキンケア化粧品や美容ドリンク、サプリメントなど…気軽に購入できる、プラセンタ製品の多くに動物性プラセンタが使われているのです。

 

動物性プラセンタは、豚や馬、羊などの哺乳類の胎盤から抽出したものです。ヒト由来のプラセンタは医療機関でしか使用できない決まりがありますので、市販品では動物由来のプラセンタのみとなっているのです。

 

プラセンタが広がり始めた頃には、牛由来のプラセンタもあり、これは動物性プラセンタのなかでは定番となっていました。が、狂牛病などの感染症などのリスクがいわれることからも使用禁止という措置をとられるようになり…今では人の組織に似ている豚由来のプラセンタが主流として使われています。

 

最近では豊富なアミノ酸を持つ馬プラセンタの人気がじわじわと上がってきており…馬プラセンタを使った製品も増えてきています。

 

いずれにしろ、抽出元によるちょっとした違いはあるものの、健康や美容効果に優れていることはどの動物プラセンタでも同じですので、どれを使ってもそれなりの効果を実感することはできるといえます。

 

ただ、動物性プラセンタには独特のにおいがあり…製造過程においてそのにおいを抑えるようにしているとはいえ、敏感な人にはちょっと厳しい事もあるようです。特に美容ドリンクなどの味がわかるものは好き嫌いがはっきりするようです。

 

また、よくその安全性についてインターネットなどでも関心が寄せられているようですが、その安全性は安心して使っても大丈夫といえます。そうでなければ、ここまで流通することもありません。

 

原料となる胎盤…その持ち主となる馬や羊、豚などは、徹底した品質管理の元で育てられています。抽出・製造過程だけでなく、胎盤元となる動物の生育現場においても、厳しい基準管理が設けられているのです。ですから、安心して美肌や美白、アンチエイジングに役立てることができるのです。