プラセンタで

MENU

感染症などのリスクがない!?植物プラセンタ

プラセンタといえば、ヒトや哺乳類動物の胎盤から抽出された有効成分となります。
ところが、植物には胎盤は存在しません。
では、何をもってプラセンタとしているのかというと、成長過程において実の栄養分となる胚芽から抽出したものとなります。
主に大豆やライ麦、トウモロコシ、アセロラなどを原料としていることが多いです。

 

胚芽から抽出したエキスには、農薬や有害物質などのリスクも少なく、ヒトや動物由来のプラセンタと違って感染症を心配することもありません。
プラセンタの中でも安全性が高いものとして認識されているのです。
植物由来のプラセンタは近年になって開発されたもので、感染症を懸念した声から生まれたプラセンタでもあるのです。

 

その気になる成分は、成長因子が入っていない事以外では、他のプラセンタと比べてみてもそう違いはありません。
ビタミン群やミネラル、アミノ酸、コラーゲンなど…美容に欠かせない大事な成分がたっぷりと含まれているのですから。
これらの摂取で美肌効果や美白効果などを期待することができるのです。

 

特に注目なのが、植物の中でも大豆由来のプラセンタです。
女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。

 

そういったことからも、植物由来のプラセンタは美容液やサプリメントなどに多く使われています。
他のプラセンタのようにコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すこと、アンチエイジング効果などはありませんが、アミノ酸やミネラル、ビタミンなどによる美容効果を期待することは十分にできるのです。